過去、不良〇〇を何人も更生させたカリスマ保護観察官 望田衣塑子(もちだ いそこ)

監視下におかれた不良はことごとく立ち直り、その大部分は憧れや恋心まで持つという才色兼備。地元で有名な猛者たちも彼女には頭が上がらなかった。

しかし、今度ばかりは相手が悪かった。〇〇院の元ボス鳩山喜朗(はとやま よしろう)は人の心を巧妙に操る悪魔であった。

更生記録の模範事例になると一笑に付していた相手であったが、用意周到な罠にかかりその垂涎の体を奪われたばかりか、気が狂うほどの性的逆体罰を受けてしまう…

翌日リベンジを期し喜朗と対峙する衣塑子。十分な勝算を持って臨んだ再戦であったが、彼の心理学を駆使した人心掌握術は彼女の思惑を大きく超えるものであった。

全く彼女の予期せぬ方向からの「悪意ある心理的駆け引き」に翻弄され心を揺さぶられ削られ、ついには観察官のプライドさえ奪われ…

もはや相手が自分の監視下の〇〇であることも忘れ永遠の服従を誓い、その証となる鳩のタトゥーを自ら志願し、その褒美として「あの行為」を与えられたとき…
衣塑子はこの侵略者との遭遇を己の運命と悟る。

僥倖・天啓・感謝……


哀れ、調教記録の模範事例となったのは彼女のほうであった。



画像32枚+α 本編:183枚 セリフ無し183枚 総CG数 366枚(フルカラー)
WEB SERVICE BY FANZA